記事一覧

「孤独」と「お金」…高齢男性が抱える本音と実態

私が住む町は、高齢化が進む田舎町なので、町で見かけるのは若者よりも高齢者の方が多いです。ス―パーの一角にあるフリースペース、地域コミュニティのフリースペース、公園等、無料で自由に座れる空間には、グループでお茶を飲む高齢者や、1人でふらりと訪れる高齢者が後を絶ちません。⬛車椅子の高齢男性が話す「日常生活」私は時々、ランチタイムに地域コミュニティでお弁当を食べます。その日も、1人席に座ってお弁当を食べて...

続きを読む

高齢者の突然死。お風呂での「ヒ―トショック」に要注意!

今年の冬は、とても寒かったですね。私は、高齢化が進む田舎町に住んでいるのですが、そんな私の町では、私の耳に聞こえてくるだけで、2件の「ヒ―トショック」による高齢者の突然死がありました。例年以上に寒い冬には、特に起こりやすいヒ―トショック。若い世代の人には、あまり馴染みがない言葉かもしれませんが…高齢者にとっては、とても身近な健康被害のようです。⬛ところで「ヒ―トショック」って何でしょう?ヒ―トショックと...

続きを読む

親孝行したいなら「ネット検索」のプレゼントが良い!?

「シニア世代はインターネットに馴染みがないので、情報不足になっている」という内容を、このブログの記事で書きました。 ↓ ↓ ↓ ↓高齢者の「美容整形」高額請求トラブルが増えている!?シニアのネット利用状況は、おそらく個々で物凄く違いがあると思いますが、大まかに分類すると下記の3タイプになるのではないかと思います。A,ネットなんて自分とは別世界のもの。ケ―タイはもちろんガラケー。B, インターネットやパソ...

続きを読む

高齢者の「美容整形」高額請求トラブルが増えている!?

国民生活センターが発行している本「くらしの豆知識」によると、美容医療サ―ビスの高額請求トラブルが60歳以上の女性を中心に深刻化しているのだそうです。⬛強引に「即日施術され」高額請求されるケ―スも国民生活センターに寄せられた具体的な事例としては、・しわ伸ばしを希望してクリニックに行った。まずはカウンセリングだけ受けたいこと、お金を持ってきていないことを伝えたが帰してもらえず、その日のうちに施術され、1300...

続きを読む

「エンディングノ―トの大切さ」義母が亡くなって実感したこと…

義母が急死して、1ヶ月強が過ぎました。義母がいなくなって思うのは「もう何も聞けないんだな…」と言うこと。「お母さん、お客様用の布団どこにありますか?」「お母さん、新しいお茶はどこにありますか?」時折、旦那の実家に行っては、そんな会話をしたことが懐かしい。(その時は、急に訪問したお客様を招く手伝いで、忙しくて大変だなと思ったのだけれど…)旦那の実家の物はすべて義母が管理していたから、義母が亡くなってから...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

できれば親孝行

Author:できれば親孝行
将来「4人の高齢者」を夫婦2人で抱える可能性がある40代女性です。

介護の知識ゼロでしたが、少しでも今後の不安を解消したくて介護情報を調べ始めました。
まだ介護は始まっていませんが「今から知っておいた方がいい事」を中心にどんどん綴っていきたいと思います。

フリーエリア

リンク