記事一覧

高齢者の突然死。お風呂での「ヒ―トショック」に要注意!

今年の冬は、とても寒かったですね。

私は、高齢化が進む田舎町に住んでいるのですが、そんな私の町では、私の耳に聞こえてくるだけで、2件の「ヒ―トショック」による高齢者の突然死がありました。

例年以上に寒い冬には、特に起こりやすいヒ―トショック。
若い世代の人には、あまり馴染みがない言葉かもしれませんが…高齢者にとっては、とても身近な健康被害のようです。



⬛ところで「ヒ―トショック」って何でしょう?

ヒ―トショックとは、家の中での急激な温度変化が引き起こす、体調悪化や突然死のことです。
このヒ―トショックによる突然死は、年間で1万人以上にのぼり、交通事故死の約4倍と言われています。
また、室内で死亡した高齢者のうち4分の1の死因がヒ―トショックとなっており、誰もが注意しなければいけない健康被害です。

ヒ―トショックが最も起きやすい場所は「お風呂場です。
暖かい部屋から寒い脱衣場に行って衣服を脱ぐこと、寒い浴室から熱い湯船に入ること等、冬場に入浴する際には何度も急激な温度差が生じます。
これが高齢者の身体に負担を与え、最悪な事態を引き起こしてしまうのです。





⬛特にこんな人はヒ―トショックになりやすいのでご注意を!

急激な温度差にさらされると、人体は血管を縮めて血圧を急上昇させることがあります。これにより意識を失ったり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすのがヒ―トショックです。

ヒ―トショックは、65歳以上のシニア世代なら、どんなに健康に自信があったとしても、細心の注意が必要だと言われています。
また、血管・血圧の変化による健康被害ですので、動脈硬化が進んでいる人や、高血圧、糖尿病の人は特に注意が必要です。



スポンサーリンク



⬛ヒ―トショックを防ぐ具体的な対策とは!?

ヒ―トショックを防ぐ為には、下記の対策がオススメです。

・入浴時は、寒い脱衣場で服を脱がない。→→脱衣場に小さめの暖房を置く。(ただし衣服付着による火災には充分注意が必要)

・浴室の寒さに注意する→→浴室用の暖房を取り付けるのが理想的ですが、それが難しい時は、浴室の窓に断熱材を貼ったり、しばらく湯船の蓋を開けておき、蒸気で浴室をほんのり暖めてから入浴する等の工夫することをお勧めします。




・湯船は熱くしすぎない。→→温度は41度まで。また肩まで湯に浸かると心臓に負担がかかるので、浸かるのは胸までにする。

飲酒時の入浴は避ける。また食後1時間以内も、血圧が下がりやすくなるので入浴は控えた方が良い。

・トイレの寒さにも要注意→→可能であれば、トイレにも小型暖房を置く。


トイレや脱衣場に置けるような小さな暖房器具は、ホ―ムセンタ―等だと安い物で3~4千円から販売されています。
もしも誕生日や敬老の日のプレゼント選びに迷ったら、小型暖房器具をプレゼントも喜ばれるかもしれませんね(^.^)
(但し、渡す時には「火災だけは充分に気を付けるように」と、一言伝えた方が良いかと思います!)


ヒ―トショックは高齢者の生活において、とても身近な健康被害です。
もしも、離れて暮らしている親が一人暮らしの場合、冬場は入浴後の時間帯に電話を入れる等して、積極的な安否確認を行うことをお勧めします!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

できれば親孝行

Author:できれば親孝行
将来「4人の高齢者」を夫婦2人で抱える可能性がある40代女性です。

介護の知識ゼロでしたが、少しでも今後の不安を解消したくて介護情報を調べ始めました。
まだ介護は始まっていませんが「今から知っておいた方がいい事」を中心にどんどん綴っていきたいと思います。

フリーエリア

リンク