記事一覧

「寂しい食事」が病気と介護のリスクを高める


「65歳以上の2割近くが低栄養傾向にある」

これは2015年の厚生労働省の調査による結果です。
特に、一人暮らしをしている高齢者の「低栄養」は深刻化しているようです。

確かに、高齢者でなくても「一人で食事をする」となると、簡単なもので済ませてしまいますよね。
ご飯に漬け物だけ、インスタントラーメン、レトルトカレー…。出来るだけ手間が掛からなくて、片付けも少ないものを選んでしまう。

でも、そんな食事が続けば、間違いなく「健康」からはどんどんと遠ざかっていってしまいます。



【"偏った食事"で高齢者が抱えるリスクとは】

私の住んでいる所では、夕方6時半頃からスーパーのお惣菜が3~5割引になります。
そして、その時間を目当てにやって来るシニア世代の男性が結構います。

仕事帰りなのか、奥さんに頼まれたのか…色々な人がいると思うのですが、恐らく一人暮らしの人も大勢
いるのではないかと思います。というのは"一人分"を買っていく人が多いからです。

私が気になるのは、その"買っている内容"です。
こっそりカゴの中を覗いてみると、丼弁当1つとビール、揚げ物パックとお刺身等々。メインディッシュやご飯物だけを手に取って、その隣りにある野菜惣菜に手を延ばす男性がすごく少ないのです。
かなり余計なお世話ではありますが「野菜も食べて!」と心の中で何度も呟いてしまいます。

ちなみに、うちの父に「お惣菜を買ってきて」と頼むと、やっばり"メインディッシュ"ばかり買ってきます。本人曰く「食べたい物を買う」との事。そこに「体にいい物を買おう」という気持ちは微塵もないようです。
男性って、そういう部分があるのでしょうか…。(皆が皆ではないと思いますが)


ところで高齢者が、栄養が偏った食事を続けていると、様々なリスクを高めることになります。

①低栄養(偏った食事を続ける事で引き起こす症状)
・風邪や感染症にかかりやすく、治りにくくなる
・元気が出ない
・認知症リスクが高まる

②骨粗鬆症(カルシウム不足が原因の病気)

・腰が曲がる
・腰や背中が痛む
・骨折しやすくなる

③高血圧(塩分の取りすぎが要因となる症状)
・頭痛、肩こり、目眩
・脳梗塞、心筋梗塞等の重病を引き起こす可能性が高まる

その為、料理をしない男性高齢者の一人暮らし等の場合は、体調面について周囲で充分に気を配る必要があります。


スポンサーリンク



【おいしさと栄養を兼ね備えた"宅配食"を検討する】

「高齢の父親が、遠方で一人暮らししている」といった場合、栄養面の偏りがとても心配になります。かといって、頻繁に手料理を送るというのも、なかなか大変なもの。
そこで、オススメしたいのが"宅配食"です。

このところの宅配食は、とにかくスゴイと思います。食材、味、栄養へのこだわりは勿論、高血圧や糖尿病の方向けや、介護の為の柔らかい食事まであるのです。

その為、一人暮らしの男性高齢者以外にも、病気に対応した食事を作るのが大変だという方、体力が落ちたから買い物や料理の回数を減らしたいと思っているシニア夫婦等、様々な方に良いのではないかと思います。


★ネット上で人気が高い宅配食

食事制限でお悩みの方にオススメ|ウェルネスダイニング



塩分制限、カロリー制限、糖質制限等、健康管理が必要な方向けのコースが多数用意されています。またネット上での口コミを見ると、様々な宅配食の中でも"おいしさ満足度"がかなり高いです。1食ずつお弁当に入ってくるので、そのまま温めるだけの手軽さは、男性高齢者にも喜ばれそうです。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです



販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。

おいしくて栄養価の高い旬の食材を積極的に使っているので、季節感のある多彩なメニューが味わえます。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ちなみに私は「わんまいる」のお試しセット(5食入)を注目してみました(^O^)

〈赤魚の塩焼き、ひじき煮、キャベツと細切り昆布の松前酢和え〉魚に脂がのっておいしかったです。柔らかくて骨が無いので高齢の方にも安心です。ひじきの甘めの味付けが、うちの母に好評でした。キャベツは柔らかすぎず、程よい食感が楽しめました。


〈大阪泉州産水茄子入り夏野菜カレー、クリームフライ、玉ねぎとハムのマリネ〉カレーは具沢山で食べごたえがありました。合成保存料を使ってないので"レトルト"的ではなく、一般家庭のカレーの味に近くて、うちの父に大好評でした!

「わんまいる」は冷凍で届きます。おかずが1つずつ袋に入って届き、それを袋のまま湯煎で数分、または流水に数分さらしてお皿に盛り付けて食べます。(商品と一緒にそれぞれの調理法が書かれた紙が入ってくるので、分かりやすいです)

食べてみた感想としては、とにかく野菜が豊富!しかも素材の食感をしっかり残っている調理方法なので、噛む事が楽しく感じました。
味付けは全体的に薄めですが、出汁を効かせているので「味気無い」という感じはありません。家庭で作る料理と違い、味付けがワンパターンではないのも良いなと思いました。

自炊と比べると、若干値段が高いような気もしますが、買い物に行って料理をして…という手間やコストを考えると、時々ならこの位の値段はいいのかなと思います。
体調が悪い時や、悪天候の時の為にストックしておくと、安心感があるかもしれません。



栄養たっぷりなので、遠方に暮らす親に時々送ってみるのも良いかもしれません(^-^)


【最終目標は"食事を楽しむ"こと!】

「一人で食事をする事が多い高齢者は、うつになりやすい」
という研究結果が発表されたそうです。
また「食事を楽しく思えない高齢者は、体力の減退が進み要介護状態に陥りやすい」とも言われています。

その為、親が一人暮らしをしている場合には、親の"心の状態"にも目を向け、少しでも食事が楽しくなるような工夫をしていく事が大切ではないかと思います。

例えば、同じ宅配食を頼んで1週間に1回は食べた後に電話で感想をおしゃべりする…なんていうのはどうでしょう。今まで「何となく」食べていた食事を「もっと味わって食べよう」と思うようになるかもしれません。
それから、同じ宅配食を食べている孫の動画を送る…なんていうのも良いかもしれません。


私の住む町では、高齢者男性だけが参加できる「料理教室」が定期的に開催されています。また地域によっては男性だけの「おつまみ作り教室」や、子供食堂に男性が参戦して料理を作るところもあるようです。

私はそういった活動を、テレビや新聞等で目にしたのですが、参加している男性は何だか皆が目を輝かせていて、とても楽しそうなのです。

作ったものを食べて貰い「人に喜ばれる楽しみ」、作ったものを「皆で味わう楽しみ」を感じ、食べる事が楽しくなる。料理教室には、そんな深い魅力が隠されているように思います。

もし親が住む地域にあったら、オススメしてみるのも良いかもしれませんね(о´∀`о)



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

できれば親孝行

Author:できれば親孝行
将来「4人の高齢者」を夫婦2人で抱える可能性がある40代女性です。

介護の知識ゼロでしたが、少しでも今後の不安を解消したくて介護情報を調べ始めました。
まだ介護は始まっていませんが「今から知っておいた方がいい事」を中心にどんどん綴っていきたいと思います。

フリーエリア

リンク