記事一覧

「高齢者住宅」という選択肢でシニアの夢を理想的に叶える




「定年後は田舎に暮らしたい!」

自然豊かな生活に憧れて、定年後に田舎に移り住むシニアのライフスタイルが一時脚光を浴びました。

確かに田舎は都会よりも、
低価格で庭付きの戸建てに住む事が出来ます。またその庭では家庭菜園が出来て、四季折々で野菜や植物の栽培が楽しめる物件も多数あります。

そんな「田舎の環境」に憧れを抱く都会暮らしの方は、少なくないのではないでしょうか。


ただ、ここで実際に「田舎暮らし」している私から、お伝えしたいのです。

「田舎は意外とキツイですよ!」と。



◆田舎暮らしのキツイ面◆

①車が無いと、とても不自由。
(地域によって違いはありますが、バスや列車は1時間に1~2本程度です。また圧倒的に「車社会」の為、バス停や駅の近くに便利なエリアがあるとは限りません)


②「医療」が選べない。
(例えば「市内に整形外科が一件しか無い」といったケースはごく普通です。その為「あの先生と合わないから、他の病院に行きたい…」と思っていても、その病院を頼らざるを得ません。
また「市内に眼科が無いから隣の市に通う」「複雑な治療が必要な時は、車で数時間かけて大きい病院に通う」そんなケースも珍しくありません)


③動物が"本当"に出ます!
(山の傍なら"ほぼ確実に"動物が出ます。動物は地域によって異なりますが、私の住む地域では鹿が来て畑を食い荒らします。また猿が来て民家の台所に入り込んだり、生ゴミを熊が荒らしたりする事もあります)


④意外と人が"優しくない"
(これは"性格が悪い"という訳ではありません。田舎に住む人は皆、長年その場所に住んでいるので"見ず知らずの人"を受け入れる事に不慣れな場合が多いです。
その為"警戒心"があり、外部の人に冷たい事があります。また地域によっては"ルールやしきたり"を重んじている場合もあるので、それを踏みにじらないような配慮が必要です)


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆



「それ位、事前に想像つくよ!」
と思う人もいるかと思いますが「現実的」に自分の生活に上記の4点が関わってくると、
想像以上の不便さを感じるものです…(´Д`|||)


子供に頃に田舎で暮らしていて、30代前半で再び戻ってきた私でさえそう感じるので、

田舎暮らしが初めてのシニア世代が、その現実を目の当たりにしたら、相当な驚きと不便さを感じるのではないかと思います。そして、

「こんなハズじゃなかった…!!」

と落胆してしまうかもしれません。




そうならない為に、絶対に必要なのが「事前の情報収集」です。


・自分の住みたい町では医療、介護の状況は充分に整っているか。

・食料、衣類等の生活必需品を近場で手に入れる事ができるか。

・交通面はどれほど整っているか。


など「実際に暮らす上で必要な事」を冷静な目で下調べしていく事が大切だと思います。
不明点は地元の役場や観光案内所に電話で聞いたり、ネットの掲示板で現地の人の「生の意見」を聞いたりするのも良いかと思います。

また、出来る事なら「移住候補地」には1週間位は滞在して、地元の人に直接「住み心地」を訪ねてみる事が理想です。
特に田舎は「四季」によって環境が様変わりします。その為、冬場の雪かき、夏場の草刈りは「どれだけ大変か」等も現地の人に直接聞いてみると「その土地の現実」が見えてくると思います。


自分の親が「田舎暮らし」を夢見ている場合は、一概に否定せず、そんなアドバイスを伝えてあげて下さいね((^-^)



スポンサーリンク



【田舎移住は"介護"まで視野に入れて】

近頃は、田舎の中でも"シニアの暮らし"が変化しつつあります。
若い頃に自然豊かな山間や、郊外に家を建てたシニア世代が、、町の中心地に移り住むケースが増えてきたのです。

その理由としては、高齢になり運転に不安を感じて免許を返納した時、町外れに住んでいると「生活がとても不便になる」からです。その為、病院やスーパーに歩いて行けるよう、町の中心地に移り住むのです。

また、住宅メーカーが「高齢者が住む事」を見越して、町の中心地にマンションを建てて売り出しいる地域もあります。"業者が注目し売り出す"程、シニア世代の中心地移住者は増えてきている事が見てとれます。


さらに、近年注目を集めているのが「サービス付高齢者住宅」です。
この住宅は健康なシニア世代が住めるのですが、見守りや生活相談が受けられます。状況によっては介護サービスが受けられたり、医療体制が整っている住宅もあるので、長い目で見ても安心です。


ここで提案なのですが…

「田舎暮らししたい」というシニア世代の方は、
地元の人ですら"不便"を感じる「自然の中の生活スタイル」からハードルを少し下げて、
「好きな田舎で、サービス付き高齢者住宅に暮らす」という選択肢はいかがでしょう。

サービス付き高齢者住宅なら、体力が低下してからの雪かきや草刈り、動物の出現に頭を悩ます事もありません。また医療面、生活面での情報が収集しやすいメリットもありますし、集落等とは違い昔ながらのしきたり等に束縛される事もありません。

デメリットとしては、サービス付き高齢者住宅は主に集合住宅なので、庭付きの戸建てという夢が叶いません。

ただ、田舎では「畑のレンタルサービス」がよくあるので、これを利用して家庭菜園を楽しんでみてはいかがでしょう。
また集合住宅に住んでいても「田舎にいる事」には変わりないので、山菜採りや渓流釣り等、田舎ならではの生活の楽しさは気軽に叶えられます。

サービス付き高齢者住宅の中には、気軽に見学出来る所やすぐに資料請求できる所もたくさんあります。
↓ ↓ ↓

★★★★全国のサービス付き高齢者住宅が検索できるLIFULL介護★★★★



後悔しないで「夢」を叶える為に…。

色々な選択肢を視野に入れて、一人でも多くの人に素敵なシニアライフを過ごして頂きたいと思います(о´∀`о)


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

できれば親孝行

Author:できれば親孝行
将来「4人の高齢者」を夫婦2人で抱える可能性がある40代女性です。

介護の知識ゼロでしたが、少しでも今後の不安を解消したくて介護情報を調べ始めました。
まだ介護は始まっていませんが「今から知っておいた方がいい事」を中心にどんどん綴っていきたいと思います。

フリーエリア

リンク