記事一覧

裏プロフィール (実は願望ばかりの親不孝です…)






高齢者の「不安な気持ち」を理解した方がいい…
高齢者は◯◯が大変だから、手助けした方がいい…

このブログには、そんな記事が多いです。



だから「ここの管理人って、さぞ親孝行なんだろう…」と思って下さる方もいるかもしれませんが、実は私は、


まるで親孝行ではありません…(;_;)


もうすぐ70歳になる親に「幸せで悠々自適な老後を過ごしてほしい」と願いながら、それを邪魔しているのは他ならぬ「私」なのです。


現在私たち夫婦は、私の両親と同居しています。
でも、それは「親の為」ではなく「自分たちの為」にです。



父と母が仕事を引退して「これからゆっくり老後を過ごそう」そんな気持ちになっていた所に、私の結婚が決まりました。

夫と「収入面について」話し合ったのは、結婚が決まった後でした。蓋を開けてみると、2人とも「かなり収入が低い」事が判明しました。

当時私は一般事務で、月収は十数万円。(ボーナスは出たり出なかったり。出ても数万円程度)
夫は高齢になる両親の家業を手伝っていて、給料は私と同じ位。家業という事もあり長時間労働でも残業代は無く、通勤費もありません。
それでも夫は、家業を手伝う事を希望しています。「俺がいないと両親が大変だから…」と。


結局、私たち夫婦は「アパート代を払えない」事が分かったのです。
(厳密に言えば、物凄く切り詰めて生活すればアパートにも暮らせたのですが、それを選択しなかったのです)

そのため「実家に住まわせて欲しい」と、私の両親にお願いしたのです。
両親は「良い顔」はしませんでした。これから2人ののんびりした生活が始まる…と夢が膨らんでいる矢先だったので。
それでも私は同居を頼み込みました。「自分の事」ばかり考えて。


同居をして1年後には、子供も生まれました。

悠々自適を描いていた母に、今度は時折「子守り」を頼む状況になりました。子育てと仕事でてんやわんやの私は、家事の面倒を見て貰う事が多くなりました。


40代にして恥ずかしい程の「パラサイト」です。


何の親孝行も出来ていません。
もうすぐ70歳になる親の僅かな体力を奪い、貴重な時間を奪っている相当な親不孝です。

「甘え」や「依存」ばかりの情けない娘です。




【40代パラサイト娘が今出来る親孝行とは?】


考えてみると、私は独身時代から何一つ「親孝行」らしい事をしてきませんでした。

高校を卒業して都会に出た私は、いつまでも「子供気分」で、お盆正月と帰省しては親からお小遣いを貰っていました。30歳近くまで…。

その頃の私は、
「もう少し年を取ったら、自分は親孝行するんだ」
と考えていました。

お金の無さも、優しさが足りない部分も「年齢」を重ねると、自然と解決に向かうのだと漠然と考えていたのです。


でも現実は、まるで違いました。


40代にして、さらにひどいパラサイト状況の私。


今、親に何かあったら…
何一つ恩返し出来なかった自分を憎むしかない…



でも、今の私に何が出来るだろう?


よく分からないけれど…
手探りだけど…


「介護の事」について勉強することが、少しでも何かの役に立つかもしれない…

日頃感じている「高齢者の気持ち」を書き表す事で「今の自分が出来る親孝行」が見つかるかもしれない…



そんな気持ちで、このブログを綴っています。


そのため一部分は、自分では出来もしない「親孝行願望ブログ」になっています。
でも「◯◯すると親が喜ぶと思いますよ」そう伝える言葉を、自分自身にも投げ掛けて、情けない私がどんどんと変わっていけたら…。


そんな一理の望みを込めて、このブログを書き進めたいと思います。


出来る事なら、

「親孝行な子供に育って良かったなー(^w^)!!」

最期にそう思われるように…


少し遅いのですが、今から頑張ろうと思います。



できれば親孝行


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

できれば親孝行

Author:できれば親孝行
将来「4人の高齢者」を夫婦2人で抱える可能性がある40代女性です。

介護の知識ゼロでしたが、少しでも今後の不安を解消したくて介護情報を調べ始めました。
まだ介護は始まっていませんが「今から知っておいた方がいい事」を中心にどんどん綴っていきたいと思います。

フリーエリア

リンク